自分の経験値を活用して仕事で成功する

さまざまな人生経験が、仕事での成功につながることもあるものだ。

楽しい経験だけでなく、挫折や失敗などの苦労経験も後々プラスに活かせることは多い。また学生時代にチャレンジした経験も仕事で役に立つことは多々あるので、できることなら若いうちから色々なことを体験しておきたいものである。

例えば、学生時代の部活で厳しい練習に耐えて頑張ってきた人は、仕事で少々の壁にぶつかっても乗り越える根性がついているだろう。部活の練習や試合で培った経験は、仕事においても大いに活かされて成功へと導いてくれるかもしれない。ダメでもまた頑張るタフさが、人生経験によって身に付いているからだ。部長やクラス委員などをしていた人も、そのリーダーシップを会社で評価されて成功できることがあるだろう。

また、人生経験によって仕事に役立つスキルが磨かれる場合もある。海外留学をした人はコミュニケーション能力や語学力が養われているので、それらを仕事で活かせることもあるはずだ。もっと身近なことで言えば、小さなときからずっと弟の世話や家事をしてきた女性が事務職に就いた場合に、社員の世話をするのが得意で、職場のみんなから頼りにされる素晴らしい事務員になることもある。

このように、どんな経験であっても身をもって体験していることは自分の武器となるものだ。働く上での目標を掲げて、上手に自分の経験値を活用しながら目標達成に向けて頑張っていきたいものである。